ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > ふるさと納税 > 使い道について > ふるさと納税の使い道

ふるさと納税の使い道

ごしょりん画像

ふるさと納税は、次の中から使い道をお選びいただけます。
いただいたふるさと納税は、皆様のご希望に従い大切に使わせていただきます。

 

1 地域課題解決コース(市長におまかせ)

2 新型コロナウィルス感染症等緊急災害対応コース
3 立佞武多(たちねぷた)等観光振興コース
4 津軽鉄道等公共交通コース
5 太宰治等芸術文化振興コース

 

1 地域課題解決コース(市長におまかせ)

当市は過疎化・高齢化が進行する地方都市です。
山積する課題に一つひとつ真摯に取り組んでいきます。

病院画像 除雪画像 道路維持補修画像
  • 道路維持補修事業など

 

2 新型コロナウィルス感染症等緊急災害対応コース

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、本市においても経済活動や市民生活に大きな影響が生じています。
このような状況の中、「コロナウイルス対策に使って欲しい」「市に寄附をしたい」といった大変ありがたい申し出を受けております。
「コロナウイルス感染症対策」のためにいただいた寄附金については、市が実行する感染拡大防止対策や緊急経済対策のための貴重な財源として活用させていただきます。

・感染防止対策事業

・地域経済支援事業など

 3 立佞武多(たちねぷた)等観光振興コース

立佞武多(たちねぷた)は、高さ約22メートル、重さ約17トンの巨大な山車です。

平成8年、市民の有志により約80年ぶりに復活しました。

毎年8月4日から8日まで夏祭りが開催され、「ヤッテマレ、ヤッテマレ」の掛け声とともに市街地を練り歩きます。

その圧倒的な迫力は、沿道の観客を魅了してやみません。

太宰治画像 斜陽館画像 遺跡画像
  • 立佞武多(たちねぷた)製作事業

「立佞武多(たちねぷた)」についてはこちら

4 津軽鉄道等公共交通コース

当市では過疎化、少子高齢化に伴い、地域の足としての地方公共交通を充足させることが喫緊の課題となっております。

現在バス、乗り合いタクシー、民間鉄道である津軽鉄道を含めて、地方公共交通の再編に取り組んでおります。

津軽鉄道画像 津軽鉄道車中画像 津軽鉄道走行画像
  • 津軽鉄道活性化事業
  • 鉄道軌道安全輸送設備等整備事業
  • 津鉄経営強化支援事業

 

▼津軽鉄道等公共交通コースにご寄附いただいている皆様へ(津軽鉄道よりお礼状)PDFファイル(239KB)

 

5 太宰治等芸術文化振興コース(旧太宰治コース、遺跡コース)

文豪の太宰治は、当市で生まれました。
太宰治は「走れメロス」、「津軽」、「人間失格」など数々の名作を残し、39歳の若さでこの世を去りました。
しかし、今もなお読者の心を捉え、多くの方が生家「斜陽館」を訪れています。

また、十三湊(とさみなと)は、日本最古の海商法規で日本の十大港湾の一つに数えられるほど、栄えた湊と言われています。

平成3年から始まった発掘調査により、ほぼ当時のままの十三湊(とさみなと)の町並みや遺構が出土しています。

その出土により、十三湊(とさみなと)は、西の博多に匹敵する北日本最大規模の貿易都市だったことが裏付けられました。

最近は、「五月女萢(そとめやち)遺跡」で人骨を含む土坑墓群が発見されるなど注目されています。

また、「十三湖」は上質のヤマトシジミがとれることでも知られています。

太宰治画像 斜陽館画像 発掘調査画像
  • 市内遺跡発掘調査事業
  • 安東の里管理事業
  • 特別展開催事業
  • 指定文化財維持管理事業 など

「太宰治」についてはこちら
太宰治記念館『斜陽館』についてはこちら

「十三湊(とさみなと)遺跡」についてはこちら

関連リンク

ふるさと納税とは

申込手続き・納付方法

お礼の品のご案内

これまでの実績

 

総務省ホームページふるさと納税ポータルサイトこのリンクは別ウィンドウで開きます

問い合わせ先

担当 財政課ふるさと納税推進室

電話 0173-35-2111

内線 2215、2216、2217

ファクス 0173-35-3617

メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ

ホームへ戻る